調停離婚と裁判離婚の違いは?

調停離婚と裁判離婚はことばの通り、別物です。

どちらも話し合いでは離婚に到達できず、または話し合いすら難しくてどうにもならない点では同じ。

まず調停離婚は、家庭裁判所に離婚調停の申し立てをすることです。

家庭裁判所内で、夫婦が顔を合わせて話し合いをすることもできますし、別々の部屋に入ってそれぞれ慰謝料、養育費、親権などを決めていきます。

それでも納得のいく結論に到達しない場合は、裁判で争う裁判離婚となります。

それぞれ弁護士をたてて行うことが多くなります。

裁判離婚までいけば、必ず決着がつき離婚することができますが、相当な費用と時間が必要となりますので、覚悟して進んでください。


記事一覧