離婚と養育費

 離婚養育費はつきもの。


離婚のあと、妻のほうが子育てをすることが多いですから、養育費は必要!と思う女性は多いのが当然です。
子供を育てあげるにはたくさんのお金が必要です。
よく言いますよね。子供を大学卒業させるまでに1000万円以上教育費がかかると。


ただ、本当に夫と二度と関わりたくないような場合、養育費を請求しない女性もおられます。
また、どう考えても夫に支払い能力がないと思われる場合、請求しても心労が増えるだけで無駄だと思えば、請求しないことがあります。


養育費は離婚のときにしっかり取り決めるものです。

ですが、勘違いしがちなのは、養育費をもらうのは妻の権利ではなく、子供の権利だということ。


養育費の金額は取り決めにより増減しますが、養育費を払うこと自体は夫の義務なのです。


途中で養育費の支払いがストップしてしまったら、裁判所を通して、元夫の給料を差し押さえたり、制裁金を上乗せ請求したりできます。

記事一覧